スズキのハスラー・XBEEが好き

【ハスラー】とダイハツウェイク比較!アウトドア目線でどっち選ぶ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。


 

週末はアウトドアを楽しみたいから、みんなとドライブ、どこに行こう。

遊び道具を載せて気の合う仲間とキャンプにバーベキュー。
山登りやスノボー、サーフィンも行きたい。

自転車を持っていって、高原でサイクリング。
充実した休日への想いが高まります。

アウトドアレジャーをするなら、まずはクルマ選びから!?
スズキ「ハスラー」とダイハツ「ウェイク」のどっちがいいの?

今回はアウトドアレジャーの視点で「ハスラー」と「ウェイク」を比較してみたいと思います。

スポンサードリンク

【ハスラーVSウェイク比較】人気ポイントと特徴は?

【ハスラー】徹底的に遊びつくそう!

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/safety/?data=b#asv

遊べる軽でおなじみのハスラー。
ボディーのカラーバリエーションもあり、そのまま楽しい軽クロスオーバーです。

キャンプをはじめ、海や山などアウトドアレジャーにおすすめのハスラー。
軽自動車ですが、車中泊もできます!

S-エネチャージで低燃費なので、遠出もできそうです。

 

【ウェイク】ドデカクつかおう!

出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/

1年365日を充実できるクルマ、ウェイク!

全方位型のウルトラスペースなのです。

状況に合わせてシートがアレンジできるので、自転車も釣り道具も固定できて万能積載。

ドデカクつかおうウェイクは、ひとつ上のドライブがテーマです。

「上行く」⇒「ウェイク」からのネーミングなのかもしれないですね!

 

スポンサードリンク

【ハスラーVSウェイク】価格を比較!

 

ハスラー 価格
Xターボ CVT (2WD/4WD) 154.7~171.7万円
X CVT (2WD/4WD) 146.1~163.0万円
Gターボ CVT  (2WD/4WD) 135.9~152.9万円
G CVT/5MT (2WD/4WD) 118.3~144.2万円
A CVT/5MT) (2WD/4WD) 110.0~122.1万円

 

 ウェイク 価格
Gターボ“SAⅢ”

(2WD/4WD)

167.4~179.8万円
Gターボレジャーエディション“SAⅢ”

(2WD/4WD)

171.7~184.1万円
L“SAⅢ” (2WD/4WD) 155.5~167.9万円
L“レジャーエディションSAⅢ”

(2WD/4WD)

159.8~172.2万円
D“SAⅢ” (2WD) 141.4~142.5万円
D(2WD) 135.0~136.0万円

 

全体の価格をみるとハスラーのほうがお値打ちとなっていますね!

 

「ハスラー」と「ウェイク」では、安全の標準装備の有無などの違いがあります。

ウェイクでは、で「衝突回避支援システム」が標準装備(D除く)となっています。

 

選ぶときの目安として、安全装備の違いを比べてもいいかもしれませんね。

 

購入のときには、オプションで安全装備を付けた場合の見積もり金額で比較検討してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

【ハスラーVSウェイク】スペースの比較!

ハスラーとウェイクは同じ軽自動車ですが、スペースの違いはどのようになっているのでしょうか?

 シートアレンジできる?

ハスラー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

シートを倒してリラックスできるスペースを作ることができます。
アウトドアレジャーには最適ですね!

 

ウェイク

出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/

ウェイクでもシートを倒してゆったりできるロングソファモードにできます。

ウェイクは高さもありますので、開放感のある空間が楽しめそうですね。

 

荷物の積載は?

ハスラー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

シートをアレンジしてフラットな状態にすれば、長さのあるものや大きなものも積めることができます。
アウトドアレジャーに欠かせない大きい荷物も簡単に積めそうですね!

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

また、ラゲッジフロアには汚れをふき取りやすい素材を使用(A以外)してるので、濡れたものなどを気軽に乗せることができて便利です。

 

ウェイク

出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/

高さがあるため自転車を立てた状態で2台乗せることができます!

サイクリングに出かけるのもよさそうですね♪

 

また、ウェイクには、よりアウトドアに対応したレジャーエディションがあります。

掃除がしやすい防水素材を使用しているため、汚れた靴などを乗せても大丈夫です。

出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/

車中泊はできるの?

車中泊ができれば、遠出のアウトドアも気軽にできますね!
ハスラーとウェイクで、車中泊はできるのでしょうか?

ハスラー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

車内のシートを倒しフルフラットな状態にできるので、オプションなどの専用のマットをつかって車中泊ができます。
グレードにより人数が変わってきます。

  • A 助手席をフラットにして1人での車中泊ができます
  • G 運転席との段差をカバーして、2人での車中泊もできます。
  • X 標準装備シートリフターとリクライニングを使って2人での車中泊ができます。

ウェイク

デッキボードを後座席がフルフラットな状態にできるので、オプションの専用マットを使えば車中泊もできそうです。

出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/

 

【ハスラーVSウェイク】ドライブ性能の比較!

アウトドアで直面する悪路などに対して、走行性能はどうなのでしょうか?

【ハスラー】先進の技術で安心の走り

大径タイヤが採用されているため、わだちや雪道などの路面にも余裕のある走行ができそうです。

そして!

下り坂も安心です!

ヒルディセントコントロールのスイッチで、急な下り坂でもブレーキの操作をしなくても一定の速度で安心走行ができます。(Aを除いた4WD CVT車)

 

その他、雪道での発進をサポートしてくれるグリップコントロール機能もあります。(Aを除いた4WD CVT車)
スノーボードなどウインタースポーツでも安心ですね♪

 

【ウェイク】安全運転をサポートしてくれるスマートアシスト

衝突の危険をお知らせする衝突警報機能や、車線をはみ出した時に警報で知らせる機能があります。(Dを除く)

その他には、駐車場でペダルを踏み間違えるうっかり操作を抑制する「誤発進抑制制御機能」が前方と後方に採用されています。(Dを除く)

そして!

見通しの悪い夜の走行では「オートハイビーム」が自動切り替えになる嬉しい機能もあります。

アウトドアレジャーでは、初めての道や慣れない道などの走行、うっかり運転もサポートしてくれるので、安心ですね♪

 

【ハスラーVSウェイク】カラーの比較!

クルマ選びには欠かせない色の展開はどうなのでしょうか?

【ハスラー】11色展開!


人気の2トーンもあります。

元気なカラーが揃っていますね!
こちらでは標準車のご紹介をしていますが、特別仕様車も含めると27色の展開となっています。

 

【ウェイク】14色展開!

  • フレッシュグリーンメタリック

  • ミストブルーマイカメタリック

  • トニコオレンジメタリック

  • ブルーマイカメタリック

  • パールホワイトⅢ *オプション27,000プラス価格

  • プラムブラウンクリスタルマイカ *オプション27,000プラス価格

  • タングステングレーメタリック

  • オフビートカーキメタリック

  • ブラックマイカメタリック

 

メーカーオプションで2トーンもできます。

  • パールホワイトⅢ×トニコオレンジメタリック

  • パールホワイトⅢ×ブルーマイカメタリック

  • パールホワイトⅢ×オフビートカーキメタリック

  • パールホワイトⅢ×フレッシュグリーンメタリック

  • パールホワイトⅢ×ミストブルーマイカメタリック

出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/

2トーンは各54,000円プラス。

ウェイクは全体的にクリアなカラーが多い印象です。

2トーンでおしゃれモードにするのもおすすめです。

【ハスラーVSウェイク】燃費を比較!

アウトドアレジャーでは遠出をすることも考えて、燃費も考えたいものですね。
こちらでは、それぞれの燃費についてみていきましょう。

【ハスラー】燃費率は?

◆ハスラー

Xターボ/Gターボ X/G  A
2WD(CVT) 27.8km/L 32.0km/L 26.6km/L
2WD(5MT) 26.4km/L 24.8km/L
4WD(CVT) 26.2km/L 30.4km/L 25.6km/L
4WD(5MT) 25.6km/L 24.2km/L

 

【ウェイク】の燃費率は?

Gターボ“SAⅢ”/

Gターボレジャーエディション“SAⅢ”

L“レジャーエディションSAⅢ”/

L“SAⅢ”/D“SAⅢ”/D

 2WD 23.8km/L 25.4km/L
 4WD 23.2km/L 24.6km/L

【ハスラーVSウェイク】実燃費率は?

<燃費情報みんからのHPでの平均燃費記録>

ハスラー        ウェイク
18.99km/L       15.13km/L

となっています。

【ハスラーVSウェイク】エコドライブの取り組み

ハスラー

モーターをエンジンでアシストし、さらに低燃費を実現するSエネチャージを採用。(Aを除くCVT車)

ウェイク

クルマが止まる少し前からエンジンを自動で止め低燃費を実現するエコアイドルを全車で採用

 

低燃費を目指す取り組みは、「ハスラー」「ウェイク」共に採用されていますね。

【ハスラーVSウェイク】比較まとめ

二つの軽自動車「ハスラー」「ウェイク」の比較を見てきました。

気軽なバーベキューからキャンプなど、アウトドアレジャーはいまや日常に定着しているものとなっています。
車中泊も最近はブームとなり、グッズやオプションも数多くそろえられています。

そういった視点からも、アウトドアレジャーの強い見方となるクルマを選びたいものです。

街乗りから、レジャーにも使える万能な一台。
「ハスラー」「ウェイク」どちらを選んでも満足できそうですね。

安全性能、燃費、カラー、それぞれのよさを見比べて、楽しみながら選ぶのがいいかもしれませんね。

【関連記事】

【スズキ】ハスラー車中泊グッズをご紹介!カーテンは必要?荷物の収納は?

スズキ【ハスラー】車中泊キットはある?ニトリのマットは快適!?

スズキ【ハスラー】とダイハツキャストを徹底比較!価格 色 装備を検証!

スズキ ハスラーとホンダN-BOXを比較!価格 色 装備を検証!

 

ハスラーが値引き金額から更に安くなる裏ワザとは?

ハスラーを買ってドライブしたい!
ハスラーは形も色もかっこいいから、カフェにバーベキューに釣り・・

どんどんお出かけしたい!!!

でも・・

「欲しいけど予算オーバー!」
「値引き交渉はあまり自信がなくて・・」
「ディーラーが近くにないし・・」
「できたら新車を最安値で手に入れたい・・」
「休日は他の用事があるし・・」
「ディーラーの売り込みに負けそう・・」

など、新しい車を購入したいと思っているけど
なかなか思い切れない…

と、私と同じ悩みを持っている方って、きっと
たくさんいらっしゃいますよね。

家族や友人に相談しても
本気の話に聞いてもらえない

たとえ聞いてもらったとしても
欲しい車はなかなか手が出せないし・・

いつも同じことの繰り返しで
欲しい車に乗れるのはいつの日なのか

そんな迷いを一瞬で解決する方法とは?

オススメの裏ワザをご紹介しますね!

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

下取りは必ず一括査定サイトを使うことなのです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円になることも
あるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定を後回しにするのは損!損!損です!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ハスラー@CAR−TIME , 2018 All Rights Reserved.